読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトを打つタイミング

今回はウルトをいつ打つのか?なぜ打つのか?について解説していこうと思います。

まずウルト、スキルを打つ目的は集団戦に勝って目標を進める(守る)ことです。

そのことを前提に話を進めていきます。

 

攻撃的ウルトの場合

攻撃的ウルトとはゲンジ、ソルジャー、ザリアのような相手をキルするために使うウルトのことです。

これらのウルトは集団戦が始まって相手が来るタイミングで即使っていきましょう。

なぜ先に打つのか?それは集団戦に勝つためにウルトを使って相手をキルし、人数差を作るためです。このゲームは人数差が1あれば集団戦6-7割勝てます。2あれば相手とのウルト差がよっぽどない限りほぼほぼ勝てます。そのくらい人数差は大きいです。

 

ウルトというカードを切って有利を相手に押し付けて人数差を作る。そのために相手が仕掛けてくる前に先にウルトを打つ。この考え方が基本的なウルトを打つ考え方になります。

また別のタイミングでは集団戦前にウルトは上がってないけどダメージを与えているうちに上がったから打ちたいといったタイミングです。この場合考えることは人数差です。人数がイーブンなら打つべきだし1勝ち、1負けくらいなら決まりそうだったら打っていいと思います。人数差が2ついたら打っても結果をひっくり返せることが少ないので打ってはいけません。

また、初心者にありがちな最もやってはいけないミスは明らかに集団戦勝てない、例としては自分しか残っていないのに相手が6人いる状況でウルトを打ってキルを狙うこと、また相手が3人しか残っていなくてこちらは6人いるのにウルトを打っちゃうといったミスです。こういうミスを防ぐためにウルトを打ちたいときは常にキルログを見ながら今打ったらこの集団戦勝てるのか?過剰ウルトではないか?といったことを考えながらウルトのタイミングを狙っていきましょう。(めちゃくちゃ大事)

 

守りウルトの場合

守りウルトとはマーシールシオゼニヤッタのような相手の攻撃に対応するために使うウルトのことです。

この場合でも同様でそのウルトを打てばこの集団戦に勝てるのか?が打つ基準になります。

マーシーウルトを例に挙げて考えていきましょう。

例えば相手が2落ち、こっちが3落ちといったわかりやすい状況とします。

この場合リザレクを使えば3vs4から6vs4といった状況に持っていくことができます。こういうわかりやすい状況では絶対打つべきですね。

ですが相手が5人残り、こっちも5人とします。そういう場合でも人数差をつけるためにガンガン打っていきましょう。

 

基本的にマーシーだろうがゲンジだろうがウルトを打つ考え方は同じで人数差をつけて集団戦に勝つためです。ウルトを使ってもダメそうだったらセーブして次の集団戦に備えるべきだし一人しか蘇生できなくても打って人数差をつけれるならリザレクは使っていきましょう。以上です!